最近の結婚式二次会の傾向について

結婚式が終わった後に、レストランや何らかの会場を借りて、親しいみんなで集まって新郎新婦を祝福する催しが、二次会です。
最近では人数の関係などもあり、披露宴には親族や会社の上司などのみが参加して、友人や会社の同期や後輩などは二次会で盛り上がる結婚式の形も増えています。
結婚式二次会には、一般的には幹事がおり、前もって二次会の出欠を取ったり、会場となる場所を探して予約しておきます。
幹事の役目は重要で、連絡係としても場を盛り上げる係としても、責任重大です。
二次会では新郎新婦を祝うための企画が行われることも多く、歌のプレゼントであったり、よく行われるのはビンゴゲームなどがあります。
ビンゴゲームは何らかの景品が用意されて、ビンゴが当たった人はプレゼントがもらえて楽しめます。
こういった結婚式二次会は、会費制で行われることもあり、そういった予算も考慮に入れて場所や料理や企画などを考える必要があります。
以前よりも増えてきた二次会は、結婚式そのものよりもカジュアルで格式もなく自由な雰囲気があり、みんなで楽しめることが何よりです。

臨機応変に対応する結婚式二次会プロデュース会社で1.5次会も

結婚式を挙げるカップルのおよそ6割が結婚式二次会を行っており、友人などに幹事をお願いすることが殆どですが、結婚式の司会に同じく、友人に負担をかけたくないことや、なるべくスムーズに会が進んでほしいなどの理由から、最近では結婚式二次会プロデュース会社に依頼するケースも目立ち始めています。
この二次会プロデュース会社では、プランニングの料金にプラスして、1名あたりのサービス料金を徴収するという料金システムが一般的で、飲食料金とサービス料金を会費とすれば、新郎新婦の持ち出しもさほど多くなく友人に幹事を頼むのとあまり変わらない料金で結婚式二次会が行えるようになっています。
さらに、このようなプロデュース会社の利用で増えているのが1.5次会です。1.5次会とは披露宴ほど堅苦しくなくて二次会ほど砕けていない婚礼パーティのことです。かつては、海外挙式の帰国後のパーティーにこうしたスタイルを選択する人が多かったのですが、
最近では自分たちのやりたい結婚式を考えたら1.5次会にたどり着いたというカップルも増えてきています。
このような背景には挙式から披露宴、そこから二次会というような従来の流れにこだわらない新しい価値観を持つ人たちがあらわれてきたということや、結婚環境の悪化で結婚式費用をなるべく抑えたいと考える人が増えたことなどが背景にあります。また、場所を変えてがふつうであったのが、ホテルや専門式場やゲストハウスなどではそのまま二次会や1.5次会を開けるようなプランも登場しています。


pickup

iPad修理専門店 キャッスル - 大阪 梅田・難波・天六・天王寺・泉佐野
http://www.ipad-castle.com/

最終更新日:2016/8/25